知らない結婚は存在しないも同じ。本当に結婚したい?【コラム】


結婚したいと思っていたら、

夢を持ちすぎない事が大切なので

現実的な話をします。

SNSで誰とでもすぐに連絡が出来る・

孤独を感じにくい現代においては結婚制度は、
向いている人と向いていない人がいるように思います。

一人が楽しくて、パートナーとの時間は

楽しいけれどお互い自立して仕事をしていたい。

そんな方は、全く必要ないかもしれません。

この人との関係は断ちたくないと思うくらい大切な人がいたとしても、

それが結婚制度の枠組み内である必要がありますか?



結婚は一人でいることと変わらないくらい

良いことと悪いことがあります。

結婚式で美しい姿を目にすることが多く、

ラッシュと呼ばれる時期の友人の状況の変化についていけなくなり、

独身の自分をみじめだと錯覚を起こしたり…

結婚というものは、周囲からは良い側面だけが見えるものです。



「結婚してよかったことは、周りから結婚しないの?と聞かれなくなる、固定概念から解放されたこと」

なんて意見も耳にすることもありますし、これには強く賛同します。

自分は合わないなという方は、無理をしないでほしい。


たとえ既に結婚していたとしても、

相手選びが違ったと思うのであれば強い気持ちで状況を変える勇気を持って。


我慢が足りないなんて意見もあるかもしれませんが、


目的の無い我慢なんて、誰も幸せにならないもの。


周りの意見に流されずに、一度きりしかない人生を楽しんで欲しいです!

だけど「やっぱり私は結婚したい」

そんな方は自分に必要な情報は何かを見つめ、

冷静に自己分析を行えば必ず結婚できます、大丈夫!


私も一度違うと思いましたが、

やはり結婚したいと思いましたし、

今振り返っても自分が行った選択と行動にはまったく後悔はしていないです。

婚活・恋愛情報をチェックしよう!