マッチングアプリ・結婚前提のお付き合いでプロポーズされたい【婚活】


マッチングアプリをはじめとする、婚活市場でお付き合いしたいと思える男性と出会うこと自体がすてきなこと。

せっかくなので結婚前提のお付き合いを実らせて「プロポーズをされたい!」結婚に向けて着実に関係を深めていきたいですよね。

 

この記事を読んでいただくと

結婚前提のお付き合いに対する不安も解消でき、

なかなかプロポーズをしてくれない彼から
プロポーズされるコツがわかります!

プロポーズ後の流れについても、詳しく記載しています。

マッチングアプリの出会いでプロポーズされたい?

結論から申し上げますと、マッチングアプリからプロポーズされることはあり得ます。

親しい友人がペアーズでプロポーズをされました。実際に筆者自身もマッチングアプリのペアーズで結婚しました。

しかも、筆者の場合はバツイチからの再婚!

マッチングアプリをはじめとする、婚活市場で出会った相手とののお付き合いは基本的に結婚前提(つまり女性側はプロポーズされたい…)となります。

しかし、恋活目的の人もいるため「婚活している」ということは早めに伝えましょう。

ここで注意したいのが、結婚前提でのお付き合いは婚約ではありません。

筆者

婚約するまでは気を抜かないで!
相手は必ずしも一人に絞らなくてOKだと思います。

真面目に交際相手を一人にしぼったとしてもプロポーズされずに終わることもよくある話です。

目安としては、20代前半であれば1年程度、20代後半より上であれば3ヶ月で相手を見極める力を身に着けておきましょう!

マッチングアプリの出会いからプロポーズをさせるために!結婚前提のお付き合い

結婚前提のお付き合いがはじまり「次はプロポーズされたい…でも焦って失敗したくない…」などと戸惑っている人も少なくないでしょう。

マッチングアプリをはじめとする婚活市場で出会った場合、一般的なお付き合いよりも相手をよく観察したりコミュニケーションをとることが重要です。

ここでは、お付き合いの中で気を付けたいことについて詳しく解説していきます。

相手の職業・年収についての確認

話しにくい分野ですが、大事な所です。

確認方法としては、まず自分の名刺や会社のホームページなどの勤務先の情報を提示すること。

その際に必ず「〇〇君のも見たいな!」と、はぐらかされても必ず聞き出しましょう。


「自分のプロフィールの詳細を知られて万が一、ストーカー化したら怖い・・・」などと思う気持ちもわかりますが、相手の情報を引き出すにはまず自分から提示する、そしてちゃんとお返しを回収すること。

「返報性のルール」と言いますが、情報を差し出すと相手の情報を引き出しやすくなります。

この心理学のテクニックを使ってみてください!

筆者
筆者の実体験ですが、交際中に職業と年収詐称をされた経験があるので、
まだそんな目に遭っていないラッキーな女性は気を付けてほしいです。

相手の結婚相手に求める理想像を知る

相手が結婚相手に求めている条件は何かを聞いておきましょう。

それは結婚後にあなたが求められる女性像やライフスタイルとなります。

分かりやすい質問例は以下です。

「お母さんはどんな女性で、

何を我慢してどんなことを家族にしてくれていた?」

人は自分が育った環境以外を知らないことが多いです。

もし、長期の留学経験等でホームステイ経験がある男性であれば親以外でお世話になった人のことも聞いてみて!

女性は結婚後マルチタスク(家事・仕事・育児・ご近所づきあい…)になりがちです。

何かを我慢して選択しながらライフスタイルを築きあげます。

彼があなたにどんなライフスタイルを送ってほしいと思っているのかを確認しておくと、結婚相手に求める条件が明確になるだけでなく、結婚後の「こんなはずじゃなかった!」を防ぐことが出来ます。


お相手のお母さんのお話は、理想の女性像についてわかりやすいし、会話としても楽しく盛り上がるはず。

おすすめ関連記事>>結婚後に豹変する男性の見分け方【チェックリスト】

>>オンライン完結の結婚相談所・エン婚活エージェント間宮社長に聞いた!マッチングアプリとの違いは?【独自取材】前編

マッチングアプリ・結婚前提のお付き合いなのにプロポーズされない?

「結婚前提のお付き合いのはずなのに、なかなかプロポーズしてくれない…」などと悩む女性は多いです。

プロポーズの引き出し方にはコツがあります。

プロポーズされたい・結婚したい意思を伝える

あなたが3ヶ月でお相手を見極めると決めていても、プロポーズされない不安を抱えることもあるかもしれません。

結婚の意思があなたの中で固まった時点で、リミットを伝えましょう。

伝えるタイミングとしては、相手に余裕があったり、機嫌が良いとき。

仕事の締め切りに追われていて余裕がない時に男性は彼女のことを考えることができません。

伝え方は、あくまでもかわいらしく、ポジティブな形で伝えましょう。

気を付けたいのは「友人が婚約した」などの周りの情報だけ伝えること。

重いプレッシャーとして彼に伝わってしまいます。

ポジティブな形で伝える方法としては、例えばカラオケで結婚ソングを歌ってみるとか、手料理を振舞った際などに「結婚したいと思うでしょ?」など冗談っぽく相手に問いかけるのもありでしょう。

お相手の交際相手が自分一人ではない場合もある

相手が実は既婚者であったり、自分以外の誰か別の女性と天秤にかけて迷っている場合があります。

前者は問題外ですが、後者であれば選んでもらう必要があります。

男性の異性関係は分かりやすいので、

予想できる場合はその女性にはない部分をアピールしてみましょう。

キャリア女性であれば、家庭的な一面をアピールするなどです。

同じ土俵で張り合うのは逆効果になることが多いので、戦わずして勝つことができるように自分の良さを伝える努力をしましょう。

話題の女性からプロポーズを引き出すテクニックを学ぶ!

>>婚活市場最強モテ女子!バチェロレッテ福田萌子の魅力7選!

マッチングアプリ・結婚前提のお付き合いでプロポーズを受けたら?

マッチングアプリで出会って結婚前提のお付き合いから、なかなかプロポーズされない日が続いたけれど…やっとプロポーズをされた!

幸せな気持ちでいっぱいになりますよね。

プロポーズ後の流れについて解説していきます。

マッチングアプリで出会ったお相手の両親へのご挨拶

両親へのご挨拶を早めに行うことで、自分も相手も結婚の意識が固まってきます。

全ての親がすべての結婚に前向きであるわけではないため、ここで反対をされないよう入念に準備をすること。

彼に事前に両親に自分のことを話してもらった際の感触を教えてもらうと良いでしょう。

また、マッチングアプリで出会ったことを話すかどうかもポイントになってきます。

正直に言いにくい場合には

  • facebookで出会った
  • 友人に紹介してもらった

などと話す人も多いようです。

マッチングアプリで出会ったお相手の友人に紹介してもらう

しろい犬

両親への挨拶のほか、婚約の意思をより強くするためにも

共通の友人を作っておくと上手くいきやすいです。

マリッジブルーという言葉がある通り男性は結婚相手が本当にこの人でよいのか、と迷うこともあります。

マッチングアプリで出会った場合には共通の知り合いがいない…ということもあるでしょう。

その際に顔見知りになって仲良くしておくと「あの子なら大丈夫だよ」と背中を押してもらうこともできます。

婚約指輪を選びに行く

婚約指輪はデートのついでに「ちょっと見ていく~?」とノリで提案することもできます。

その際に相手に確認しながらブランドについて話したり、試着してみることもお勧めします。

高級店の雰囲気と店員さんの丁寧な接客と、輝く指輪。

笑顔にならない女性はいません。

純粋に楽しそうにしている女性の姿を見て嬉しい気持ちになってくれる彼なら本物です!

結婚式場を見に行く

結婚式場のイベントに参加することは、婚約指輪を選びに行くよりもハードルが高い分強い効果があります。

結婚式場側も楽しい企画を考えているので、無料ディナー招待など彼が好きそうな内容がないか探してみてください。

お相手が盛大な結婚式を望んでいないことが分かっている場合は、家族婚や二人だけでの挙式について、プランナーさんに質問してみるとその方向でお話をしてくれますよ。

▼オンラインで見積もりを完結させることができる新サービスがあります。チェックしてみてください!

住まいを選びに行く

二人の生活スタイルがどう変化するか、どちらが何を譲るか話し合う時期でもあります。

お互いの職場の間に住むのか、どちらかの職場の近くに住むのか、

長男や一人っ子の場合には最初から同居を希望されるケースもあります。

住む場所が決まったら、実際にマンション・アパートを見に行くなど行動してみてください。

担当さんと話す中で二人の希望も具体化されて理解が深まります。

両家顔合わせ・入籍の日取りの決定

両家顔合わせの日には入籍日が大まかに決定しているでしょう。

顔合わせのスタイルは多岐にわたるため、両家が納得する形をよく話し合って模索してみてください。

両家顔合わせもそうですが、入籍の日取りについても、六曜(暦)やこだわりの形があるおうちもあるため、よく確認をしてもめごとの無いように進めましょう

まとめ

マッチングアプリでの結婚前提のお付き合いとプロポーズされるコツをお話ししました。


結婚前提のお付き合いは、恋愛だけのお付き合いに比べて相手に対して確認したい項目が増えるし、慎重になる必要はあります。


その後一生のパートナーとなれるか見極める大事な期間なので、相手との時間を出来るだけ作りましょう。


相手の魅力に再発見しながら、あなたの魅力を存分に伝えて楽しんで過ごしてください!

▼出会いが欲しい!!! という方へ、
合わせてお勧めしたい「マッチングアプリ」という出会い方について、
こちらの記事をご覧ください。
【出会えたマッチングアプリ3選】あなたにはこの出会いを使う権利がある
筆者
筆者はペアーズで出会い、プロポーズされました!
婚活・恋愛情報をチェックしよう!